XMLサイトマップ

誰でもなり得る”敏感肌”

 生まれつきアトピー体質の方や、お肌が乾燥気味の方ももちろんいらっしゃいますが、ほとんどの方はあるタイミングで自分が敏感肌だということに気づきます。 知らず知らずのうちに敏感肌になり、「化粧水をつけるとお肌がヒリヒリする」「汗やちょっとした摩擦で痛む、痒くなる」などといった自覚症状が現れてきますが、これといった対処をしない方も実際は多くいます。

その肌の不調、諦めていませんか?

なんだかお肌の調子が悪いなぁ、、と感じながらも忙しい毎日に追われて放置していませんか?化粧水つけるとヒリヒリするのに、そのまま使っていませんか? スキンケア方法や、化粧水などのスキンケア商品を間違えると、ケアしているつもりでもお肌にダメージを与えてしまっている場合があります。生活習慣やケア習慣が原因で敏感肌になってしまう方もいます。 今行っているスキンケアを少し変えるだけでも、お肌が健康になり若々しいハリのある素肌になれる可能性があります。 少しでも肌に違和感を感じている方は、ぜひ当サイトを参考にしてみてください。

変えるべき3つのポイント

荒れたお肌の状態を健康に変えるために必要なポイントが3つあります。皮膚科へ行って薬をもらう前に、肌荒れや敏感肌、乾燥肌などを年齢のせいにしてしまう前に、一度この3つのポイントを試してみてください。
  • 食事を変える
  • 睡眠を変える
  • 化粧品を変える

食事を変える

まずはコンビニ弁当を食べている方は控えるようにしましょう。また毎日同じものを食べていたり、お菓子で食事代わりにしてしまったり、油っぽいものばかりを食べてしまうのはお肌に良くありません。どんなに高級な化粧水を使っていたとしても、これだけで台無しになってしまいます。 どんな簡単なものでもいいので作るか、出来合いのものを買う場合はカロリーの少ないものを選んでください。そして毎日サラダを食べましょう。どんなものでも構いません、なるべく多くの種類の野菜が入ったサラダを食べるよう、食生活を変えてください。

睡眠を変える

睡眠は食事と同じく、敏感肌などのお肌トラブルと密接な関係があります。食事の栄養が偏るのと同じくらい、またはそれ以上睡眠不足はお肌に悪影響を及ぼします。 ちょっと夜更かしした次の日って、疲れた顔してませんか?お化粧のノリが悪かったり、目の下にクマができていたり。これらは慢性的な肌トラブルの原因になります。 もちろん遊びに行くことも大切ですし、漫画を読んだり、DVDで夜遅くまで映画を見るのは楽しいですが、それ以外の日はなるべく規則正しく22時から0時の間にお布団に入るよう心がけてください。そして睡眠習慣を変えましょう。

化粧品(主に化粧水)を変える

化粧水は誰もが使っているスキンケアアイテムですが、使うものが間違っていたり、使い方が間違っていると逆効果になることもあります。敏感肌でお悩みの方は今使っている化粧水が本当に肌に合っているのかどうか疑問を持ってみてください。 肌の状態が全然よくならない場合、化粧水がネックになっていることがあります。毎日使うものですから、自分の肌質にバッチリあったものを使いたいですよね。 もしもあなたが敏感肌でお悩みなら、市販のものはなるべく使わないようにしましょう。当サイトで紹介している化粧水にもある「天然由来の成分」が含まれているものをなるべく選び、「保湿成分」が豊富に含まれているものを意識して選びましょう。 化粧水に対する意識を変えてみてください。お肌の状態は劇的に変わるはずです。

ページの先頭へ